春動物病院ロゴ

平日20時まで診療

日曜、祝日も18時まで診療

お気軽にご相談下さい。

春動物病院のコラム

犬のしつけの基礎知識

「叱る」「褒める」でしつけよう。

正しい叱り方のポイント

犬の叱り方

・目を見て低い声で叱る

・時間をおかない

いけないことをしたと認識させるためには、目を見ながら低い声で叱りましょう。ちなみに、ぶったり叩いたりするのはNG。犬のしつけにも体罰は厳禁です。

行動から時間をおいて叱っても、犬はなぜ叱られているのか理解できず、混乱してしまいます。何か間違った行動を起こしたときにすぐ叱るのが正解です。

正しい褒め方のポイント

かわいい幸せな犬

・大げさに褒める

・時間をおかない

褒めるときは大げさに褒めましょう。はたから見て恥ずかしいくらいに大げさ、という感じで丁度良いです。「叱る」とのメリハリをつける意味でも、大げさに褒めることが大切です。

「叱る」と同じで、時間をおかないことが大切。行動から時間が経ってから褒められても、犬はなぜ褒められているのかが分からず、混乱してしまうからです。犬が自分の行動と関連づけられるよう、良いことをしたらすぐに褒めるようにしましょう。